会長挨拶

会長より

 空手道の「道」という言葉は、人の心と行動のあり様を示しています。自らを戒め、他者への思いやりや心配りといった慈愛の心、つまり礼節の心とその心に裏付けられた行動の積み重ねです。
 しかしながら現在社会は「礼節」があまりにも軽んじられ、同時に学ぶ機会が少なくなっております。技のみならず礼節を身につけ、他人やひいては社会全体を見渡せる心を養っていくことが空手道の意義ではないかと考えます。
 空手道を学ぶ皆様は、毎日一生懸命稽古に励んでおられることと思います。その成果を存分に発揮し正々堂々と試合に臨むことは無論、仲間との交流を深め更なる精進を重ねられますよう願っております。

                      山梨県空手道連盟 会長 田中 敬一